OsakaMICTの日記

最先端の低侵襲心臓血管治療を紹介します。 どなたもご覧になってください。

米国学会たより

f:id:OsakaMICT:20160608103848j:plain

5月14日から18日までアメリカ胸部外科学会(American Association for Thoracic Surgery: AATS)が開催されました。
阪大の心臓血管外科から仲村先生、熱田先生、金谷先生、横山先生が参加をして、当教室からは桝田浩禎先生が参加してきました。
桝田先生いわく、「教科書にも出てくる有名な先生方がこの壇上に上がり、この巨大スクリーン一面に映し出されながら発表されていました。海外学会っていろんなところがかっこいいですね。いつかこんな大舞台で発表してみたいとモチベーションが上がりました。」

f:id:OsakaMICT:20160608103915j:plain

今年の開催地は、メリーランド州ボルチモア(Baltimore)です。
古くから港町として栄えた街で、学会会場は、観光名所でもあるインナーハーバーのすぐ近くです。
広大なアメリカでは大きな建物はあっても密集していないため空が広く、日差しが強く感じられました。

f:id:OsakaMICT:20160608103946j:plain

会場は、Baltimore Convention Center  です。モーターショーなども行われるほど大きい会場です。

f:id:OsakaMICT:20160608104011j:plain

こんな噴水が会場のなかにあるくらい、本当に大きな会場でした。なかなか日本では見かけない規模です。

広告を非表示にする